一流の鍛冶職人が手打ちで造り上げた伝統的な料理包丁

メディア

• ワールドメディア

2012年からエリック・シュヴァリエ(Eric Chevallier)が鍛冶職人として働く姿を撮影し続けているのが、ニューヨークを拠点に活躍する一流カメラマン、アダム・マレリ(Adam Marelli)氏です。毎年、弟子たちと一緒に来日する彼は、鍛冶職人として技の習得に余念がないエリックの一瞬をとらえ、その姿をフィルムに残しています。

Link >>
Link 2 >>

• 日本の報道

伝統的な刃物工房で技術を学ぶ初めてで唯一のフランス人の鍛冶職人であるエリック・シュヴァリエ (Eric Chevallier)。彼の存在は、毎月、堺の打刃物はもちろん、日本とフランスにまつわる彼の考え方などをまとめて発行する日本の報道界の好奇心を限りなく刺激する。

• 日本のTV報道

日本、そして今の状況を見つめるエリック・シュヴァリエの視点を通して、全国から地方まで、さまざまなTV局が彼のドキュメンタリーやインタビュー番組を定期的に報道しています。

Link >>

• 褒賞および勲章

エリック・シュヴァリエは堺市への貢献が讃えられ、堺市長から定期的に表彰を受けています。

Link >>

• フランスの報道

2015年、エリック・シュヴァリエは、仏外務省で開催されたある式典の際、外務省の関連組織で国外在留フランス人のためのWeb新聞"Lepetitjournal.com"から「国外在留仏人の希望」賞が贈られました。その後、 «仏日二国間のかけ橋 »と称されるようになった彼は、日本の伝統文化の中心で過ごす生活について、複数のフランス報道機関から次々とインタビューを受けています。

Link >>